筋トレとハゲの関係

この記事の所要時間: 150

kintore

 

最近父がジムに通いはじめました。父は頭頂部がかなり薄いので「筋トレをするとハゲる」という噂を思い出しました。

 

誰しもこの噂を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

そこで、筋トレをするとハゲるという噂について考えてみました。

 

筋トレするとハゲると噂される理由

 

薄毛やハゲの多くの原因は、男性型脱毛症(AGA)の発症です。

 

ご存知のとおり男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンのテストステロンがII型の5a-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストロン(DHT)に変換され作用を起こすことがわかっています。

 

なぜ、筋トレをするとハゲるという噂があるのかというと筋トレすることによって「男性ホルモンが増加する」ということからではないでしょうか?

 

実際に、筋トレをすると男性ホルモンの1つであるテストステロンが増加するということが実験で確かめられているようです。

 

実際に筋トレするとハゲるのか?

 

筋トレをするとテストステロンが増加します。男性型脱毛症(AGA)を発症している方だとテストステロンが増加すると5a-リダクターゼによりテストステロンがジヒドロテストロン(DHT)に変換されるため薄毛やハゲが進行してしまうことが考えられます。

 

もちろん男性型脱毛症(AGA)を発症していない方は筋トレしても薄毛やハゲの影響は受けないと考えられます。

 

まとめ

 

筋トレすると筋トレした全員がハゲるというわけではなく、男性型脱毛症(AGA)を発症している人や男性型脱毛症(AGA)の疑いがある人が薄毛やハゲが進行する可能性があるということではないでしょうか?

 

そうじゃないと、スポーツ選手全員ハゲてしまうことになってしまいますからね(汗)

 

みな様の応援が記事更新の励みになっています。よろしければ、ポチッと応援のクリックお願い致します。

↓↓


育毛・発毛ランキングへ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい