男性型脱毛症(AGA)とは

この記事の所要時間: 41

ubuge

 

男性型脱毛症(AGA)についてご説明したいと思います。

 

男性型脱毛症(AGA)のAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で薄毛に悩む大半の方がこの男性型脱毛症(AGA)と言われています。

 

髪の毛は一日約0.3ミリから0.4ミリ伸びていて、2年から6年のサイクルで生え替わっています。

 

このサイクルは、成長期、退行期、休止期を繰り返しており、この一連の流れをヘアサイクル(毛周期)と言います。

 

haircycle

 

成長期

成長期は毛細血管から取り入れた栄養をもとに毛球部で毛が作られているている状態です。

 

盛んに毛母細胞が分裂を繰り返しており製造された毛を上部に押し上げている期間です。

 

成長期は2年から6年で髪の毛の全体90%ほどが成長期の段階と言われており、残りの10%が退行期、休止期に当たります。

 

退行期

退行期は毛母細胞の分裂が急激に衰えていく期間です。髪の毛の色を決定する色素細胞も活動を緩めます。期間は約14日前後と言われています。

 

休止期

休止期は細胞分裂、毛の製造、伸長の活動が完全に止まります。休止期は3ヶ月くらい続き、その後にまた成長期がやってきます。そのとき、古くなった毛が抜けていきます。

 

このヘアサイクルは一生のうち約15回ほど繰り返します。

 

10万本髪の毛があると考えたら、約10パーセントにあたる1万本が退行期と休止期に当たります。休止期から成長期に移る3ヶ月には大体1万本が抜け落ちる計算になります。

 

1日で考えると80本から100本の抜け毛があっても心配するこではありません。抜けた髪の毛は寿命を果たしたので、また新しい髪の毛が生えてくるからです。

 

成長期が短くなり休止期にある毛の割合が増えて、硬かった毛が柔らかくなったり、毛が皮膚の表面まで伸びてこなかったりすると男性型脱毛症の疑いがあります。

 

男性型脱毛症(AGA)の仕組み

男性ホルモンのテストステロンがⅡ型の5a-リダクターゼという酵素によってジヒドロステロン(DHT)に変わります。

 

このジヒドロステロン(DHT)が細胞内の男性ホルモンレセプター(受容体)と結びつくことによって薄毛になる作用を起こします。

 

男性ホルモンレセプター(受容体)は、すべての毛包の毛乳頭細胞にあるわけではなく、頭部では前頭部頭頂部にあります。

 

また、ひげやわき毛の毛包乳頭細胞にも男性ホルモンレセプター(受容体)があります。

 

しかし、後頭部の毛乳頭細胞には男性ホルモンレセプター(受容体)はありません。なので、男性型脱毛症を発症してハゲてしまっても、後頭部だけ髪の毛が残ってしまうのです。

 

Ⅰ型5a-リダクターゼ・・・陰毛、わき毛、ひげ、頭髪などあらゆる組織、細胞にある。

Ⅱ型5a-リダクターゼ・・・ひげ、前頭部の毛乳頭細胞にある。

 

男性型脱毛症になった方は男性ホルモンがひげなどに発毛を促進する信号を送り出し、前頭部には発毛を抑える信号を出します。

 

男性ホルモンが増えると、ひげの毛乳頭細胞からIGF-1という成長因子が作り出されひげの成長が促進されます。逆に前頭部ではTGF-β1が作られ男性型脱毛症が促進されます。

 

男性型脱毛症の対策のポイントはⅡ型5a-リダクターゼ、男性ホルモンにより毛乳頭細胞から分泌されるTGF-β1がポイントとなります。

 

※参考元:専門医が語る毛髪科学最前線

 

男性型脱毛症(AGA)かチェック

自分は男性型脱毛症(AGA)かもしれないと思った方は、簡単にチェックする方法がありますので、次の項目で思い当たることをチェックしてください。

 

① 抜け毛が増えてきた

② 家族、親族に薄毛の人がいる

③ 頭皮が硬い

④ 同世代より頭髪の量が少ない

⑤ 日ごろからストレスを感じている

⑥ 睡眠がきちんと取れていない

⑦ 食生活が乱れてバランスの良い食事が摂れていない

⑧ 他の男の人と比べて体毛が濃い

⑨ 喫煙の習慣がある

⑩ 飲酒の習慣がある

以上の10個のチェック項目のうち、5個以上当てはまる人はAGAの可能性が高いと考えられます。

引用元:病はケから 老けない体と心の作り方

 

男性型脱毛症(AGA)の可能性が高い方は、食生活や生活習慣の見直し、頭皮ケアなどの対策が必要になってきます。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい