本当に薄毛や抜け毛に亜鉛が効果的なのか調べてみました。

この記事の所要時間: 137

薄毛 亜鉛

 

亜鉛が薄毛や抜け毛に良いと、いろんなところで耳にすると思います。

 

わたしもネットなどで亜鉛が薄毛や抜け毛に良いとよく目にします。 以前、こちらのページで亜鉛について簡単にご説明しましたが、今回は亜鉛について詳しく見てみたいと思います。

 

亜鉛が薄毛や抜け毛に良いと言われる理由は?

 

亜鉛には、毛髪の90%を占めるケラチンの合成を助ける働きがあると言われています。もう一つが5a-リダクターゼの働きを抑制すると言われていることです。これらの働きから亜鉛は薄毛や抜け毛に良いと言われている理由ではないでしょうか。

 

亜鉛に含まれている食べ物

代表的なものは、生牡蠣、いわし、にぼし、豚レバーなどです。薄毛対策を考えるならば、これらの食品を意識して取り入れ、補えないものはサプリなどで摂ると良いと思います。

 

また、ビタミンB2、B6、ビタミンCは亜鉛の働きを助けてくれるので、同時に摂取するのも良いでしょう。

 

亜鉛の働きを阻害するものとして、カルシウム、食物繊維、タンニン、カフェインがあります。これらと結びつくと体外に排出する性質があるようですので、亜鉛を摂取するときは控えたほうが良いようです。

 

亜鉛の1日の摂取量

亜鉛の1日の推奨量は厚生労働省の発表によると、成人男性で12mg、成人女性で9mgとされています。

 

亜鉛の過剰摂取による副作用

亜鉛を1日100mg以上を長期にわたって摂取した場合、吐き気、嘔吐、発熱、脱水症状、倦怠感などの副作用のおそれがあるようです。

※参考元:メンズヘルスクリニック東京

 

また亜鉛不足は、味覚障害、肌荒れ、男性不妊になりやすいようです。1日の摂取量をしっかり守って亜鉛を摂取した方が良いですね。

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい