髪の毛を明るく金髪にして薄毛をカバー

この記事の所要時間: 22

 

去年の9月頃までは、薄毛を目立たなくするために髪の毛の色を明るくしていました。しかし、ある日を境に明るく染めるのをやめてしまいました。

 

染めるのは頭皮に悪いということもあったのですが、髪の毛が暗い方が「なんとなくしっくりくるかな?」ということもあったので染めることをやめてしまいました。

 

ある日テレビを見ているとオール阪神・巨人のオール巨人さんが金髪にする番組があり、金髪にしたら薄毛が目立たなくなったというのです。確かに染める前と比べてみると金髪にした方が薄毛が全くと言っていいほど目立たなくなっていました。

 

黒髪にしたら薄毛が目立ってしまった

私は髪の毛を染めるのをやめてしまったから妻に「なんか前より髪の毛が薄く見えるかも?」と言われました。

 

当初は「黒髪だと薄毛が目立ってしまうかも?」と思いつつも頭皮に悪いからと染めずにいました。しかし、オール巨人さんのケースを見てみたら、また明るく染めてみることにしてみたのです。染めるからには金髪に近いくらい染めることにしました。

 

やはり髪の毛を明るくすると薄毛が目立たない

実際に髪の毛を金髪に近いくらい明るくしてみました。やはり髪の毛を金髪に近いくらい明るくすると薄毛が目立たなくなったのです。

 

黒髪だと髪の毛の黒色と地肌の色の差が出るため地肌が目立ってしまいます。金髪だと地肌との色の差がなくなるため目立たなくなります。それで薄毛が目立たなくなるのです。

 

実際に髪の毛を明るくして薄毛が目立たなくなり若々しく見えるため、これからも明るめの色で行こうかと思いました。

 

しかし、染めるのは頭皮に悪いのは確かです。当店ではカラーをした後に頭皮に残ってしまう残留薬剤を取り除く「残留薬剤除去」を行っています。少しでも頭皮へのダメージを減らしたいという思いから行うことにしています。

 

もちろん私も染めた後は頭皮へのダメージを減らしたいため残留薬剤除去を行いました。完全にダメージを無くすことはできないとは思いますが、するのとしないのとでは全然違うのではないかと思います。

 

仕事や職場で髪の毛を明るくするのは難しい方もいらっしゃると思いますが、試せる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください