リンスインシャンプーでフケが出る原因を考えてみた

この記事の所要時間: 329

 

先日、友人がカットをしに来店され「リンスインシャンプーを使ってからフケが出るようになったんだよね・・・なんでだろう?」と相談を受けました。

今まで、冬場に少しフケが出ることはあったけど「あるリンスインシャンプーを使いはじめてから多量にフケが出るようになった」ということでした。

 

今回、リンスインシャンプーを使ってからフケが出はじめた原因について考えてみました。

 

フケには2種類ある

頭皮の状態を聞いてみると、友人曰く「どちらかというと乾燥肌かな。たまに、冬場にフケが出ることはあったけど、夏場にフケが多量に出たことはなかった」ということでした。

 

確かに、友人の頭皮の状態を見てみると、脂っぽさはなくどちらかというと乾燥肌よりでした。

 

フケには2種類あり、乾燥性フケと脂性フケがあります。乾燥性フケは頭皮が乾燥している状態で、頭皮が荒れていたりアレルギーを起こし炎症している可能性が考えられます。乾燥性のフケの場合は洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いと思います。

 

脂性フケは頭皮の皮脂が多くなりベタベタとしたフケが出ている状態です。皮脂の過剰分泌の原因として脂漏性皮膚炎やホルモンバランスの乱れが考えられます。頭皮には元々から常在菌(マラセチア菌)が存在しており、皮脂が過剰分泌することで常在菌(マラセチア菌)が異常発生し頭皮のかゆみなどの炎症の原因にもなると考えられています。

 

頭皮が脂っぽくまだ炎症していないなら、やや洗浄力の強い石鹸シャンプーを試してみるのも良いです。頭皮に赤みやカユミがあるなら抗菌・抗炎症作用のある薬用シャンプー使うと良いと思います。

 

フケが出る原因は?

友人は前途でお伝えしたように、「冬場にフケが出ることはあったけど、夏場はなかった」ということでした。友人に「今回リンスインシャンプーは、はじめて使ったの?」と聞いてみたら何回か使ったことがあるそうでした。ただし、今回使ったリンスインシャンプーは、初めて使ったそうです。

 

当初私は、リンスインシャンプーを使ったからフケが出たのかなと思っていました。リンスインシャンプーの最大の特徴として、「シャンプーとリンスを同時に行える」という手軽さがメリットになります。

 

逆を言うと「シャンプーとリンスが同時に行える」という手軽さが、「普段リンスを頭皮に付着させないリンス成分が頭皮に付いてしまう」というデメリットにもなってしまいます。それが、フケの原因になるのではと考えていました。

 

しかし、今までに「リンスインシャンプーは何回か使ったことがある」といことだったので、その考えはなくなりました。

 

今使っているシャンプーが合わない?

 

私は、他に考えられる原因として「今、使っているシャンプーが頭皮に合わない」というのもフケが出る原因の一つではないかと思っています。今までに、私を含め妻やお客様といろいろな方達を見てきて「シャンプーを変えただけで湿疹ができた」「シャンプーを変えたら髪の毛が細くなった」「シャンプーを変えたらフケが」という声をたくさん聞いてきました。

 

フケが出てきた原因として「今使っているシャンプーもフケが出ている原因の一つなのでは?」と考えています。

 

アミノ酸系のシャンプーを勧めました

友人の頭皮の状態を見てみると乾燥しているので、洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーを使うことを勧めました。頭皮が乾燥しているのに洗浄力が強いシャンプーを使うと、余計に脂分がなくなりフケが出てしまいます。友人は「とりあえず、今使っているリンスインシャンプーをやめてアミノ酸系のシャンプーで様子見てみる」とのことでした。

 

シャンプー一つ変えただけで、フケが出たり髪の毛が細くなったり頭皮がカブレることがあります。シャンプーはほぼ毎日使うものなので、「たかがシャンプーに」と思わずに慎重に選んでいきたいですね。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい