薄毛の人は刈り上げた方がいい?

この記事の所要時間: 237

 

先日、薄毛を気にされているお客様から「トップがかなり薄くなってきたんですけど、サイドは短く刈り上げた方がいいんですかね?」と尋ねられました。

 

私は「サイドは刈り上げて、トップにボリュームを持たせた方がいいですよ」とおすすめしました。

 

なぜ、薄毛を気にされている人は、刈り上げた方がいいのかご説明したいと思います。

 

サイドの厚みをなくすために短く刈り上げる

薄毛の人は頭頂部や前頭部が薄くなりやすく、横と後ろはそのまま残ってしまいます。

 

全体的に髪の毛が伸びてしまうと横と後ろのだけ強調して見えてしまうので、ただでさえボリュームのない頭頂部が余計に薄く見えてしまいます。

 

頭頂部を薄く見せないために、サイドは短く刈り上げた方が良いでしょう。

トップにボリュームを持たせる

サイドを短く刈り上げたら、トップにボリュームを持たせるために、立つか立たないか(起毛状態)くらいの長さにカットするのが良いです。

 

頭頂部が薄いのでセニング(梳きバサミ)は入れない方がいいと思いますが、少々セニングを入れることで髪の毛も立ち上がりやすくボリュームも付きやすいです。※もちろんセニングを入れすぎると少ない髪の毛が余計スカスカになってしまうので注意が必要です。

 

サイドをタイトに刈り上げてトップにボリュームを出すことで、薄毛もカモフラージュできます。

 

薄毛をカバーするヘアースタイルでおすすめなのがソフトモヒカンです。

 

横を短く刈り上げ、トップを中央に寄せることで薄毛をカバーできます。

薄毛を隠すというよりも目立たなくさせること

薄毛を気にされるている人は、全体的に長めにカットする方が多いです。

 

特にトップはあまり切らずに長めに残す人が多いように思います。

 

髪の毛が長い方が薄毛を隠せるという心理からなのかもしれません。

 

しかし、それが余計に目立ってしまうのです。隠すというよりも「短くカットして目立たなくする」という方が良いと思います。

 

先日来店されたお客様も、横と後ろが長かったためトップにボリュームが無く薄いのが目立っていました。

 

サイドを短く刈り上げてトップにボリュームを持たせることで薄毛が目立ちにくくなり「次回もこの髪型でお願いします」と喜んでらっしゃいました。

 

薄毛を気にされるている方は、思い切ってサイドを刈り上げトップも短くカットしてみてはどうでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、薄毛の人は刈り上げた方がいいのかについてご説明しました。

 

横をタイトに刈り上げてトップにボリュームを持たせることで薄毛が目立たなくなります。

 

「薄毛だけど髪の毛を短く切ることに抵抗がある」「短く切るのに勇気がいる」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい