もう一つの頭皮がかゆくならないシャンプーの成分について調べてみた

この記事の所要時間: 324

 

前回、妻が出産してからリリィジュ薬用ふわ髪シャンプーとナノサプリシリーズしか頭皮に合わなくなったとお伝えしました。

リリィジュ薬用ふわ髪シャンプーとナノサプリシリーズ両方の成分を調べてみると、洗浄成分の違いがありました。

 

リリィジュ薬用ふわ髪シャンプーが洗浄力がマイルドで頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーに対して、ナノサプリシリーズはラウレス硫酸Naがベースとなっているのです。ラウレス硫酸Naは、洗浄力と刺激が強い洗浄成分と言われています。

 

なぜ、洗浄力と刺激が強いラウレス硫酸Naがベースとなっているナノサプリシリーズで頭皮にかゆみや湿疹が出ないのかシャンプーに含まれている成分について調べてみました。

 

ナノサプリシリーズは低刺激?

※画像はナノサプリウーロンです。

 

ナノサプリシリーズは、低刺激なシャンプーということになっています。当サロンのお客様も、「このシャンプーで洗うと髪がバサバサにならないから良いですよね!」「このシャンプーを使ったら市販のシャンプーは使えないです」と、とても評判も良いです。

 

しかし、口コミを見てみると「洗浄力と刺激が強いラウレス硫酸Naがベースとなっているためおすすめできません」という口コミがとても多くみられました。

 

何度もお伝えしているように妻は、リリィジュ薬用ふわ髪シャンプーとナノサプリシリーズしか今のところ頭皮に合いません。それ以外のシャンプーだとかゆみや湿疹が出てしまいます。

 

なぜ、洗浄力と刺激が強いはずの洗浄成分ラウレス硫酸Naがベースとなっているナノサプリシリーズを使ってもかゆみと湿疹が出ないのでしょうか?

 

ナノサプリシリーズに含まれている成分についてお調べしてみました。

 

洗浄力と刺激が強いラウレス硫酸Naを各洗浄成分で補っている?

洗浄成分としてラウレス硫酸の他に、肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分ココアンホ酢酸Naと肌に優しく洗浄力の高いヤシの実のオイルから作られる天然由来の成分コカミドプロピルベタインが含まれています。

 

ナノサプリシリーズは、洗浄力と刺激が強いラウレス硫酸をこれらの成分、ココアンホ酢酸とコカミドプロピルベタインでマイルドにしているようです。

 

なので、ラウレス硫酸Naベースに植物由来の天然成分ココアンホ酢酸、コカミドプロピルベタインがふくまれているので刺激が抑えられているのではないかと思っています。

 

また、通常のシャンプーは精製水を使用しているのですが、ナノサプリシリーズではアルカリイオン水がベースとなっています。アルカリイオン水を使用することで界面活性剤を少なくし洗浄力を調整しているようです。

 

確かに、ナノサプリシリーズで髪の毛を洗っていると思ったほど洗浄力は感じずマイルドな洗い上がりに感じます。

 

かゆみや湿疹が出やすい妻がナノサプリシリーズを使用しても症状がでないので低刺激なシャンプーだと思います。

 

今のところ妻が使えるシャンプーは、リリィジュ薬用ふわ髪シャンプーとナノサプリシリーズ2つしかないので、正直とても不便です。

 

シャンプーが切れてしまって市販のシャンプーを代用するということもできません。今までシャンプーの成分なんてあまり考えてはいなかったのですが、これからは成分を見極めて使えるシャンプーを増やしていきたいと思っています。

 

そして、これが同じ悩みを持つお客様にも役立つアドバイスにもなるのではないかと思っています。

 

 

※もうひとつの頭皮がかゆくならなかったシャンプー、リリィジュ薬用ふわ髪シャンプーが育毛剤とトリートメントがセットになりたった500円でお試しできます。⇒こちらでは、リリィジュお試しセットの感想をお伝えしています。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい