分け目の薄毛は女性だけではなく男性も気をつけとくべき

この記事の所要時間: 26

 

 

以前、女性の分け目はたまに変えたほうがいいということをお伝えしました。※女性の分け目についての記事はこちらです。

最近では男性の七三分け、ネオ七三などが人気があり、髪の毛を分けるヘアースタイルにする方が多くなってきています。

 

分け目からの薄毛は女性だけではなく男性も気をつけとくべきではないかと思いました。

 

女性の場合、髪の毛が長さにより髪の毛の重みがあるため、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があります。男性の場合は女性に比べ髪の毛は短いのですが、七三などに分けてグリースやジェルなどのスタイリング剤で固めたりします。これを長く続けると分け目にも負担がかかるのではないかと思ったのです。

 

そういうわたしも、毎日七三に分けてグリースで固めています。今わたしが読んでいる書籍に、牽引性脱毛症について書かれていました。

 

長年、同じヘアスタイルや髪の分け方していて、常に同じ部位に負担がかかっている状態が続くと、髪の毛が切れたり、弱ったりしてしまいます。それによって地肌が透けて見えたり、局所的に髪の密度が減ってしまったりするのです。そこで、いつも同じヘアスタイルにするのではなく、髪の毛を結ばずに下ろしたり、分け目を変えてみたりすることも対策のひとつになります。

 

男性の場合も、長い間同じ部位で分けてスタイリング剤で固めたりするので、負担がかかるのではと思っています。

 

また、脂漏性脱毛症の原因の一つに、ヘアワックス、スプレーの多量使用とあげられていました。わたしの場合、七三に分けてグリースを付けた後にスプレーでガチガチに固めることがあります。できるだけ頭皮に付かないようにしているのですが、どうしても付いてしまうことがあります。

 

毎回同じところで分けてグリースやスプレーで固めてしまうと、かなり頭皮に負担をかけていることになります。

 

頭皮に負担をかけないためにも、たまには分けないヘアースタイルにしたり、スタイリング剤を使わないようにすることも大切なのではと思いました。

 

冒頭でもお伝えしたように男性のヘアスタイルで七三分けが流行っています。男性で髪の毛を分ける機会が多い方は気をつけた方がよさそうです。

 

※引用元:専門医が徹底解説!女性の薄毛解消読本 著者:元神賢太 幻冬舎

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい