中学生の薄毛について考えてみました。

この記事の所要時間: 442

 

理容師という職業柄、小さなお子様からお年寄りの方まで毎日カットさせて頂いております。

その中で最近気づいたことがあります。それは、中学生でも薄くなっている方がいらっしゃるということです。

 

「元々毛量が少ないのかな?」と、思っていたのですが、頭頂部とサイドの頭皮を見てみると明らかに頭皮の色が違っており、頭頂部の方が茶色くなっていました。

 

頭頂部が茶色くなっているということは、何らかの原因で血行が悪くなっているということになります。

 

またよくよく考えると、この中学生のお客様は小学生の頃から来店されていたのですが、以前は「毛量が少ないな」と感じたことはありませんでした。

 

最近になって毛量が少なく感じたということは、「何らかの原因で薄毛になっているのではないか?」と思いました。

 

少しでも改善できるようにと何かしらアドバイスできればと考えたのですが、思春期真っ盛りの中学生は「余計気にしてしまうのではないか?」と、思い控えることにしました。

 

この辺りが難しいところです。向こうから尋ねてきたらアドバイスしてみようと思っています。

 

そのために、少しでも良いアドバイスができるように中学生の薄毛についていろいろ調べてみました。

 

なぜ、薄毛になってしまうのか?

薄毛になってしまう原因や誘因はいろいろ考えられます。

 

● 遺伝 

● 食生活の乱れ

● 生活習慣の乱れ(睡眠不足など)

● ストレス 

● 健康状態 

● 間違った手入れ

などがあげられます。

 

その中でも、遺伝的要素の高い男性型脱毛症(AGA)が大半を占めていると言われています。しかし、まだ10代前半から中間までの中学生には当てはまらないのではと考えています。

 

男性型脱毛症は、遺伝的素因を持つ思春期以後の男性が、男性ホルモンの影響を受け、全頭ではなく前頭部から頭頂部に退局して毛包が収縮し、硬毛が軟毛化する変化

※引用元:やってはいけない頭髪ケア 著者:板羽忠徳 青春出版社

 

上記のように「思春期以後の男性が男性ホルモンの影響を受ける」となっていますので、「まだ年齢的にも若い中学生には当てはまらないのではないか?」と思うのです。

 

また、中学校の規則でパーマやカラーは禁止になっているためこれらの薬液で髪の毛や頭皮にダメージをうけているわけでもありません。もてろんスタイリング剤も禁止になっています。

 

 

薄毛の原因を考えてみた

わたしなりに「その中学生にどんなアドバイスをしてあげられるか?」と考えてみました。

 

まず、薄毛の大半を占める男性型脱毛症を省いてみると、考えられる原因は、食生活の乱れ、生活習慣(睡眠不足)、ストレス、健康状態、間違った手入れなどが残ります。

 

これらを考えてみると「遺伝的要因は変えられないが、食生活や生活習慣などは自分が意識すると変えられるので薄毛も改善しやすいのでは」と考えています。

 

食生活と生活習慣を見直す

syokuseikatu

 

わたしがアドバイスするなら、「まずは食生活と生活習慣を見直すこと、そしてなるべくストレスをためないこと、」だと伝えます。

 

どのサイトでも言われていることでベタなのですが、これが一番大切なことではないかと思っています。

 

しかし、生活習慣や食生活を変え、それを続けていくのはなかなかできることではありません。

 

良い食生活と生活習慣を自分の生活リズムになるには、根気よく続けていかなければ変えられません。

 

現代では、添加物たっぷりの食べ物やジャンクフードが溢れています。こういったものは手軽さもありおいしいのでつい食べてしまいがちです。

 

生活習慣も、スマホやパソコン、ゲームなどを夜遅くまで見てしまい睡眠不足などになってしまいがちです。

 

またこれらは、眼精疲労なども起こしやすく薄毛の原因にもなってしまいます。

 

 

そして、シャンプーの見直しも大切です。一般の家庭では一つのシャンプーを家族全員で使用しています。

 

シャンプーも合う合わないがあり、人それぞれです。当然自分に合わないシャンプーを使い続けると、頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

シャンプー一つ変えるだけでも頭皮環境は改善します。まずは、頭皮環境を整えることが大切です。

 

中学生の内から育毛剤などの使用はリスクが高いと思っています。

 

とくに、ミノキシジルなどが含まれている育毛剤や飲み薬のプロペシアは男性ホルモンを抑制する働きがあり副作用を起こす可能性があります。

 

中学生の方は使用しないほうが良いです。育毛剤を使用するなら無添加のものが副作用の心配もなく安心して使用できると思います。

 

まずは、食生活と生活習慣を見直し、自分に合ったシャンプー(なるべく低刺激のもの)を見つけ頭皮環境を整えることをおすすめします。

 

その中学生のお客様は、薄毛で悩んでいるのではないかと思っています。そのお客様にアドバイスができ、少しでもお役に立てたらと思っています。そして、少しでも改善出来たら嬉しいです。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい