なぜ、薄毛の人は縮れ毛になっていくのか?

この記事の所要時間: 224

 

薄毛と縮れ毛との関係について調べてみました。

わたしは理容師になって24年になります。理容師見習いの頃から気になっていたのが、薄毛の人は髪の毛が弱々しく、縮れ毛の方が多いということです。

 

髪の毛が薄く縮れている方はクシで梳かすと髪の毛が縮れてパサついているので、引っかかりやすく絡みやすい髪質になっています。

 

わたしは髪の毛が薄くなり縮れ毛になるのは何かしらの原因があるのではないかと思っていました。

 

なぜ、薄毛になっていくと縮れ毛が多くなるのか調べてみましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

薄毛と縮れ毛との関係

縮れ毛や縮毛、いわゆるくせ毛というものは、基本的に遺伝など先天的な要因が多いのですが、毛周期(ヘアサイクル)の乱れや何らかの原因で毛母細胞が攻撃を受けたりすると髪の毛が縮れたり髪質が変化したりする場合があります。

 

男性型脱毛症(AGA)を発症すると、毛根部分が委縮してしまい小さくなっていきます。毛根の形状がきれいな円形状ではなく歪な形状なっていくことで伸びてきた髪の毛も縮れてしまうということが多いようです。

 

抜け落ちた毛の末端がマッチ棒や土筆(つくし)の頭のような棍棒状(クラブ毛)なっていれば正常なヘアサイクルを全うした「正常脱毛」ですが、末端に蕪(かぶ)の根っこのような細長い付着物(未角化の根鞘といい、髪の成長サイクルが乱れたもの)や、皮脂の塊などが付いている、棍棒状にならずに野球のバットのグリップ側のように委縮しているような状態で抜けている場合は、その毛は「異常脱毛」だということです。寿命を全うしないで抜けていることから、何らかの異常が起こっていることが疑われます。

※引用元:やってはいけない頭髪ケア 著者:板羽忠徳 青春出版社

 

髪質が変わっただけで薄毛につながるのか一概には言えませんが、「髪の毛が細くなったり抜け毛の先が細い、短い抜け毛が多くなった、抜けた髪の毛の毛根が歪な形をしている」といった場合は注意した方がいいかもしれません。

 

男性型脱毛症(AGA)や何らかの原因で毛周期(ヘアサイクル)が乱れたりすると、髪の毛が細くなったり縮れたり異常が表れます。

 

「最近、髪の毛が急に細くなったり縮れてきた」「髪の毛をクシで梳かすと引っかかりやすくなった」という方は注意してください。

 

※「最近、髪が細くなってきたな・・・」と、思いのあなたへ。こちらの記事は、チャップアップの使ってみた感想をお伝えしています。ぜひ、参考にしてみてください。

↓↓

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい