石鹸シャンプーが泡立たなくなったときの対処法

この記事の所要時間: 210

 

石鹸シャンプーを使って、途中から泡立ちが悪くなったりしたことはありませんか?

わたしは今までいろいろな石鹸シャンプーを使ったことがあります。しかし、使っている途中から泡立ちが悪くなることが多々ありました。

 

もったいないので何とか泡立てて使用したり、新しい石鹸と重ねて泡立てたりして使用していました。

 

こちらでは、石鹸シャンプーが泡立たなくなる原因や泡立たなくなった時の対処法についてご説明しています。

 

石鹸シャンプーが泡立たなくなる原因

石鹸シャンプーの泡立ちが悪くなるのは、水切れが悪いところに置いているということが考えられます。

 

石鹸置きの底に水が溜まってたり、つねに濡れた状態であったりすると泡立ちが悪くなります。

 

石鹸は、柔らかくて泡立ちの良いラウリン酸ナトリウムという成分と硬くて泡立ちにくく水に溶けにくいステアリン酸ナトリウムという成分を配合することにより溶け崩れにくく泡立ちやすくしているようです。

 

石鹸が濡れている状態が長時間続くと、泡立ちの良い成分、ラウリン酸ナトリウムが先に溶けだしてしまいます。そうなってしまうと、硬く泡立ちにくく水に溶けにくい成分ステアリン酸ナトリウムだけが残ってしまうため途中から泡立ちが悪くなってしまうということです。

 

確かにわたしの場合は、シャワーの近くに石鹸を置いていました。底が開いている石鹸置きなので水が溜まることはないのですが、シャワーのお湯が常に当たる場所です。

 

つねに石鹸が濡れている状態だったので途中から泡立ちが悪くなっていたのではないかと考えています。

 

泡立たなくなった時の対処法

泡立たなくなったからといって捨てるのはもったいないですよね。そんなときは、泡立てネットを使うと泡立ちが良くなります。

 

また、わたしが冒頭で「泡立たなくなった石鹸と新しい石鹸を重ねて使用した」とお伝えしましたが、こんなめんどくさいやり方ではなく、泡立てネットの中に泡立たなくなった石鹸と新しい石鹸を一緒に入れて使うと最後まで使えるし楽に泡立てられます。

 

せっかく購入した石鹸シャンプーも、途中で泡立ちが悪くなって捨てるのはもったいないですよね。

 

石鹸は、水が溜まらない場所や濡れない場所に置くと良いです。泡立ちが悪くなってきたら泡立てネットを使用すると最後まで使えますのでぜひ一度お試しください。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい