梅雨になるとくせ毛が気になりませんか?

この記事の所要時間: 311

 

梅雨の時期になるとくせ毛が気になりませんか?当店でも、梅雨の時期になると「湿気のせいか、髪の毛のくせがひどくまとまらないんですよね・・・」というお客様が多くなってきます。

中には、「くせ毛は遺伝なんですか?」と質問されるお客様もいらっしゃいます。

 

こちらでは、くせ毛になる原因や対策についてご説明したいと思います。

 

くせ毛の原因は?

 

くせ毛には遺伝と後天的なものがあると言われています。実際に、当サロンのお客様でも、「昔は直毛だったのに途中からくせ毛になったんですよね・・・」と、言われるお客様が何人かいらっしゃいました。

 

かく言うわたしも幼少時代の写真を見てみると、サラサラのストレートへアーだったのです。

 

妻にも、「テルくんは小さい頃はサラサラだったのになんでくせ毛になったんだろうね?」と言われました。

 

くせ毛は遺伝的なものもあれば、このように途中からくせ毛になるなってしまう後天的なものもあります。

 

直毛の人とくせ毛の人の毛穴の形状

以前、修行先のヘアーサロンの先生から、「直毛の人とくせ毛の人は毛穴の形状が違っており、直毛の人の毛穴の形状はきれいな円形で、くせ毛の人の毛穴の形状は楕円形(だえんけい)になっている」と教えてもらったことがあります。

 

この説に関してはいろいろ調べてみると、同じ説をとなえている方が多いので信憑性は高いのではないかと思っています。

 

それではなぜ、直毛の人が途中からくせ毛に変わってしまうのか、考えられるいくつかの原因を調べてみたのであげてみたいと思います。

 

  1. 指の腹で強くこすりつけたようなシャンプーをしたり、雑なブラッシングを長い間続けてるため頭皮が弱っている。
  2. ポニーテールなどのように、髪の毛を後ろに強く引っ張る髪型を長い間続けている。
  3. ストレスや産後などにホルモンバランスや自律神経が乱れる。
  4. 年齢を重ねることによって頭皮がたるんだりする。(頭皮の老化など)

 

このような原因から頭皮の毛穴が円形状から楕円形(だえんけい)に歪んでしまうようです。

 

シャンプーやブラッシングのやり方、髪の毛を強く引っ張った髪型などは見直すことですぐに解決できると思います。

 

しかし、頭皮の老化は誰しも年齢を重ねると起こりうることです。また、頭皮の老化は抜け毛や薄毛の原因にもなりえるのです。

 

なので、毎日の頭皮ケアが重要になってきます。とくに女性の場合は男性に比べて皮脂量も少なく、頭皮が乾きやすくなっています。

 

保湿力の高い育毛剤を使用して頭皮マッサージをすると血行も良くなり毛根にも栄養が届きやすくなります。そうすることにより健康的な髪の毛が作られやすくなります。

 

また、お客様からよく「湿気が多いと髪の毛がうねるんですけど、なんかいい方法はないですか?」と、アドバイスを求められることがあります。

 

わたしの考えでは、くせ毛は縮毛矯正をしない限りブローで伸ばしただけでは湿気ですぐにうねりが出てくると思いますので、くせ毛を活かしたヘアースタイルにすることをおすすめしています。

 

くせに逆らわず、くせを存分に活かした方がセットもブローも長続きしますし楽だからです。髪の毛をねじりながらブローするとパーマをかけたような質感になります。

 

くせ毛の方には梅雨の時期は髪の毛もうねり憂鬱な時期だと思います。この時期は、頭皮ケアやブローやセットにひと工夫加えて乗り越えましょう。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい