更年期になると髪の毛が抜けるのはなぜ?

この記事の所要時間: 358

 

更年期を迎えると髪の毛が抜けやすくなったり薄毛の心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしの母も更年期を迎えたあたりから、イライラしはじめたり怒りっぽくなったりしていました。それだけではなく、抜け毛が増えて髪の毛全体が薄くなってきたのです。

 

なぜ、更年期を迎えると髪の毛が抜けるのか、その原因について考えてみたいと思います。

 

更年期になると髪の毛が抜ける原因

更年期になると髪の毛が抜けたり薄毛になってしまうのはホルモンバランスが崩れ、ヘアサイクルが乱れてしまうことが原因です。

 

卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌のピークは20代から30代と言われており、40歳を過ぎたあたりから減少をたどっていきます。

 

卵胞ホルモンが減少していくと卵巣の機能は徐々に低下していき、その後完全に機能を停止してしまいます。それが「閉経」といいます。※一般的に12か月以上生理がこない場合、閉経を迎えたと考えられているようです。

 

女性の閉経年齢は個人差もありますが一般的には45歳から55歳といわれています。更年期というのは、閉経を挟んだ前後5年、つまり前後の5年をあわせた10年間を更年期と呼びます。

 

更年期を迎える10年間は急激にエストロゲンが減ってしまうため、ホルモンバランスが乱れ、身体に不調を起こしやすくなります。睡眠不足や食欲不振、イライラしたりなど精神面でも負担がかかってしまいます。

 

つまり、ホルモンバランスが乱れることによって、身体的不調、精神的不調、ヘアサイクルの乱れにより抜け毛や薄毛の原因になると考えられています。

 

食生活の見直しや正しい頭皮ケアで早めの対策を

 

早めに頭皮ケアを行うことで、数年先の髪の毛の状態も良くなります。

 

食生活を見直しバランスのよい食事、正しい頭皮ケア、血行を良くするために育毛剤を使用した頭皮マッサージを行うことで改善できます。

 

男性型脱毛症に有効な、内服薬のフィナステリドを女性が服用すると深刻な副作用を及ぼす危険性があるため使用されていません。また、女性がフィナステリドを妊娠中の女性が使用すると、お腹の赤ちゃんが男の子だった場合、外性器が正常に発達しなくなる危険性があります。

 

また、フィナステリドと同様、効果が認められている薬剤でミノキシジルがあります。女性が使用する育毛剤ではミノキシジルを1%含むリアップリジェンヌなどがあります。

 

しかし、ミノキシジルは個人差がありますが、敏感肌の方などはカブレや赤身などの頭皮トラブルを起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

ミノキシジルを含む育毛剤が使用できなかったり、安心して頭皮ケアを行いたいという方には保湿力の高い育毛剤を使用するとよいです。

 

女性の抜け毛や薄毛は、更年期を迎えてホルモンバランスの乱れからヘアサイクルが短縮することが考えられます。また、高齢により皮脂の分泌量も減少し頭皮が乾燥して頭皮環境が悪化してしまいます。

 

保湿力の高い育毛剤を使用し頭皮マッサージを行ない血行を良くすることで頭皮環境を整えることができます。

 

大豆イソフラボンを積極的に摂る

 

大豆イソフラボンにはエストロゲンと似た性質を持っています。

 

ホルモンバランスが乱れ、エストロゲンが減少した場合、エストロゲンと似た性質を持つ大豆イソフラボンを積極的に摂ると良いようです。

 

更年期のエストロゲンの減少による不調や病気の予防にも良いといわれています。

 

しかし、大豆イソフラボンの安全な摂取量の目安は、1日70mgから75mgですので過剰摂取に気をつけましょう。

 

まとめ

食生活を見直し、正しい頭皮ケア、保湿力の高い育毛剤を使用して血行を良くし頭皮環境を整えていけば、数年先の髪の毛の状態も良くなっていきます。

 

更年期や高齢だからとあきらめず頑張りましょう。

 

 

※[参考書籍]髪がみるみる蘇る習慣 :著者 髙橋栄里 宝島社

 

※保湿力の高い女性用育毛剤がワンコイン500円でお試しできます。こちらの記事では、実際に使用してみた感想をお伝えしていますので参考にしてみてください。

↓↓

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい