石鹼シャンプーを使用してフケが出てくる原因について考えてみた

この記事の所要時間: 36

 

「石鹸シャンプーを使用したらフケが出た」という方がいらっしゃいます。わたしも無添加の石鹼シャンプーを使用してフケが出てくることがありました。こちらではなぜ石鹼シャンプーを使用したらフケが出てきたのか原因を考えてみたいと思います。

 

無添加の石鹼シャンプーを使いはじめたきっかけ

わたしは5~6年間無添加の石鹸シャンプーを使用していました。使いはじめたきっかけは友達からのすすめでした。使いはじめて半年たった頃、まわりから「全然違いますよ!」と言われるほど効果を感じていました。もちろん、それほど効果を実感していたのでお客様にもすすめたりしていました。

 

もちろん効果を実感している方もいれば全く効果を感じられない方もいらっしゃいました。その中でも気になったのは無添加の石鹼シャンプーなのにフケが大量に出はじめたという方がいらっしゃったのです。その方は、「たぶん自分の肌には合っていなかったんでしょうね。」とおっしゃっていました。しかしこの時わたしは、「無添加なのに肌に合わないということもあるのだろうか?」と疑問に思っていました。

 

わたしも無添加の石鹼シャンプーを使用してフケが出ることがありました

わたしもフケが出ていることに気づくことがありました。それは乾燥している冬の時期ではなく、夏の時期にフケが出ることがあったのです。それも毎日ではなくフケが出るときと出ないときがあるのに気づいたのです。フケが出るときと出ないとき、何かその時の行動の違いがあるのか考えてみるとクエン酸リンスをする時としていない時にフケが出たり出なかったりしているのではないかと気づきました。

 

そしてクエン酸リンスをしなかったときの頭皮の状態を見てみると次の日くらいからフケが出てくるがわかったのです。クエン酸リンスをした場合はフケは出ませんでした。たまたまその時だけだといけないので何日か繰り返してみましたがやはり同じ結果でした。

 

リンスにはアルカリに傾いた頭皮や髪の毛の状態を弱酸性に戻す役割があります。アルカリに傾いたままだとフケの原因にもなると言われています。わたしはリンスの有無もフケが出る原因だったのではと考えています。

 

石鹸シャンプーを変えたらフケは全くでなくなった

ある日、ディーラーさんが紹介してくれた石鹸シャンプーを試しに使うことになりました。この石鹼シャンプーは髪の毛のハリやコシ、頭皮の臭いも取り除いてくれる石鹸シャンプーです。

 

しばらく使用していると、髪の毛のハリやコシも出てきて、頭皮の脂っぽい臭いまで取り除いてくれました。この石鹼シャンプーを使いはじめてからにクエン酸リンスを使わないようにしていたのです。この石鹼シャンプーを使ってからリンスを使わなくてもフケが出ることはありません。

 

自分のお肌の状態に合ったシャンプーを選ぼう

無添加の石鹸シャンプーでも、肌に合わない方は合わないということもわかりました。頭皮の状態も脂っぽい方や乾燥気味の方など様々です。乾燥気味の方に洗浄力の強い石鹼シャンプーは皮脂を取りすぎてしまうので余計頭皮が乾燥してしまいます。脂っぽい頭皮に洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーを使用しても脂を落としきれません。

 

シャンプーは個人差もありお肌に合う合わないがあります。自分のお肌やお肌の状態にあったシャンプー選びが大切だと実感しました。わたしもお客様にシャンプーをすすめるときには、その人のお肌の状態を見極めてからすすめなければいけなかったと反省しております。

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい