石鹸シャンプーを使用した場合リンスは必要?

この記事の所要時間: 20

 

当店のお客様からたびたび、「石鹼シャンプーを使った場合リンスはした方がいいのか?」という質問されることがあります。

当店では、頭皮中心主義という石鹼シャンプーを購入されるお客様も多くなってきたので、このような質問をされるお客様が多くなっているのではと思っています。

 

こちらでは、石鹼シャンプーを使用した後のリンスの必要性について考えてみました。

 

リンスの役割

石鹸シャンプーの主成分は脂肪酸カリウムで弱アルカリ性です。弱アルカリ性の石鹸シャンプーで洗った頭皮と髪の毛はアルカリ性に傾いています。そこで弱酸性のリンスをおこなって頭皮と髪の毛を弱酸性に戻してあげるのです。

 

髪の毛のキシミやゴワツキの原因

 

石鹸の成分が水道水のカルシウムイオンと結合すると石鹼カスになりそれが髪の毛に吸着してしまいます。これが石鹼シャンプーで洗った後の髪の毛のキシミやゴワツキの原因になっています。このキシミやゴワツキを解消するにはクエン酸リンスがおすすめです。※クエン酸リンスの作り方はこちら

 

クエン酸リンスを使用することで石鹸カスも脂肪酸に変えられますのでキシミやゴワツキも解消されます。また、アルカリで開いたキューティクルもゴワツキの原因になっています。クエン酸リンスの使用により開いたキューティクルも戻してくれます。

 

そもそもリンスは必要なの?

 

石鹸シャンプーを使った後にリンスは必要なのかということでキシミやゴワツキが気になる方にはクエン酸リンスの使用をお勧めしています。

 

しかし、髪の毛が短い場合はキシミやゴワツキはさほど気にならないと思いますのでリンスは必要ないのではと思っています。

 

わたし自身も石鹼シャンプーを使うときはリンスは使いません。皮膚科医の中では自然治癒力を高めるためにリンスは使用しないほうがいいという方もいらっしゃいます。弱アルカリ性の石鹼シャンプーで髪の毛を洗っても、しばらくすると自然と弱酸性に戻ってしまうわけです。

 

髪の毛のキシミやゴワツキが気になる方は、クエン酸リンスを使用するのも良いですし、髪の毛の短い方やキシミやゴワツキが気にならない方はリンスを使用しなくても良いと思ってます。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい