シャンプーする時は頭皮を傷めないようにしよう

この記事の所要時間: 20

 

お客様のシャンプーをしている時、「かなり強めに洗ってください」、「シャンプーブラシでゴシゴシ洗ってください」とおっしゃるお客様がいらっしゃいます。中には、「爪を立てて洗ってください」という方もいらっしゃいます。

 

確かに力を入れてゴシゴシ洗った方が気持ちもいいですし、しっかりと洗われた感じがします。

 

しかし、指の腹やシャンプーブラシで強くこすったり爪を立てて洗ったり するのは頭皮にとって良くありません。

 

頭皮はとてもデリケート

指の腹で力強くゴシゴシ洗ったり、硬いシャンプーブラシや爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまいます。

 

頭皮はとてもデリケートなので出血したりときには内出血を起こす場合もあります。なので硬いシャンプーブラシや爪を立てて洗うのはやめましょう。

 

また、指の腹で強くこすってしまうと新生毛を引き抜いてしまいます。髪の毛は成長期、退行期、休止期を経て寿命を全うした髪の毛は抜けてしまいます。そして、また新たに髪の毛が生えてきます。この新しく生えてきた髪の毛が新生毛です。

 

新生毛は固着力が弱いためすぐに抜けてしまいます。新生毛を引き抜かないためには、こすらずにマッサージをするように洗うと良いです。※新生毛を引き抜かないシャンプーのやり方はこちら

 

シャンプーブラシを使ったり爪を立てて洗わないようにしています。

冒頭でもお伝えしたように、シャンプーブラシや爪を立てて洗ってくださいと言うお客様がいらっしゃいますが頭皮に良くないためお断りしています。

 

シャンプーは頭皮ケアの基本

今までの経験からシャンプーひとつ変えただけで髪の毛の状態が良くなったことが多々あります。シャンプーは毎日のように使うものなのでなるべく自分にあったシャンプー剤を使いたいものです。

 

そして正しい洗い方でシャンプーすると、髪の毛の状態も良くなり、ハリやコシのある力強い髪の毛になってくると思っています。

 

わたしは育毛剤も大切だと思っていますが、シャンプーこそ重要なのではないかと思っています。シャンプーは頭皮ケアの基本だと思っています。

 

シャンプー剤やシャンプーのやり方を見直してみてはどうでしょうか?

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい