髪の毛の本数は生まれた時から決まっているのか?

この記事の所要時間: 247

usugetouhi

 

わたしは、8年間丸刈りでした。理由は、短い方が薄毛が目立たないからです。しかし、長年の丸刈りから思い切ってヘアースタイルを変えるために伸ばすことにしました。今流行りのネオ七三にするために、父に横だけ刈り上げてもらいました。

 

父から髪の毛を切ってもらうのは、記憶が正しければ10年ぶりくらいになります。高校までは、父に髪の毛をカットしてもらっていましたが、卒業してからは同級生や勤め先の理容店のスタッフにカットしてもらうことが多くなり、父に頼む機会も少なくなってました。

 

父に、昔と比べてかなり薄くなっているのか聞いてみた

父は、わたしが幼いころから髪の毛をカットしているので、わたしの髪の毛の状態を把握しています。カットしている時に昔と比べてかなり薄くなっているのか聞いてみました。

 

父が言うには、やはり昔と比べて髪の毛が細くなっているとのこと、それなりに歳を重ねているから仕方がないのではと言っていました。

 

そのあと、「当時は気に障るといけないから言わなかったけどお前は高校の頃から薄かったぞ」と、言っていました。しかし、当時からわたしは、「もしかして髪の毛薄いかな?」と気づいており高校の頃から育毛剤を使っていました。中学の頃は、生徒指導の先生に「お前は額に剃り込みを入れてるだろう!」と注意されたこともありました。もちろん、剃り込みなんて入れたこともありません。

 

髪の毛の本数は生まれた時から決まっている

 

髪の毛の本数は、約10万本生えていると言われています。もちろん個人差もありますので、少ない人で6~7万本、多い人で13~14万本といわれ、少ない人と多い人では倍近くの差があります。

 

人種によっても違いがあり、金髪が最も多く15万本、栗色の髪の毛で11万本、黒毛で10万本、赤毛で9万本が平均値と言われているそうです。

 

毛穴の数や密度は胎児の時に決まるそうです。生まれるときには、髪の毛が多めか少なめかはこのときすでに決まっていることになります。これで、6万本の人もいれば14万本の人もいるという個人差が生まれるようなのです。

※参考元:髪がみるみる蘇る習慣 著者:髙橋栄里 宝島社

 

密度が増えないかと一生懸命頭皮マッサージしていた

高校の頃から密度が少ないのに気づいており、その頃から思っていたことがありました。それは、「元々から髪の毛が少ないのに、ハゲ始めたらかなり目立ってしまうのではないか」ということです。

 

その頃から、髪の毛の密度を増やさないと思い育毛剤を付け必死にマッサージをしていたのです。今思えば、生まれた時から毛穴の数や密度は決まっているため、いくら必死に頑張っても密度や髪の毛が増えるはずがありません。

 

いかに髪の毛にハリやコシを与えるか

わたしの髪の毛は、父が言うように以前よりも細くなっています。生まれながらにして毛穴や密度が決まっています。元々髪の毛が少ないのにそれ以上増えることはありえません。今では、「いかにして髪の毛にハリやコシを与えるか」、「今ある毛を太くしていくか」という観点で頭皮ケアをしています。

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい