頭皮ケアをはじめるなら、まずはシャンプー剤の見直しを

この記事の所要時間: 217

 

家族みんなで同じシャンプー剤を使ってませんか?

頭皮の状態は一人ひとり違い、脂性や乾燥気味な方など様々です。乾燥気味の頭皮に洗浄力の強いシャンプー剤を使ったら余計に皮脂を落としてしまうため逆効果になってしまいます。また、皮脂が過剰に分泌しているのに洗浄力の弱いシャンプー剤を使ってしまうと皮脂を落としきれなくなります。

 

なので、頭皮ケアをはじめるなら自分の頭皮の状態にあったシャンプー剤を選ぶことをお勧めします。

 

自分の頭皮の状態を見極める

自分の頭皮の状態を見極めるには、1日シャンプーをしないことで見極めます。1日シャンプーをしないことで頭皮の状態が皮脂でベタベタになっていたら皮脂の分泌が多いといえます。逆に、1日洗わなくても頭皮が乾燥していると乾燥気味ということになります。

 

シャンプーを行う頻度も頭皮の状態をみて行うと良いです。

 

頭皮の状態にあったシャンプーを選ぶ

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌や敏感肌の方には、肌と同じ弱酸性のアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。強い洗浄成分が入っていないため洗浄力もやさしく皮脂の落としすぎも防いでくれます。

 

脂性の方

皮脂が多く頭皮がベタベタしていると常在菌が繁殖しやすい状態になっています。そのような方は、洗浄力が強いシャンプー剤をおすすめします。添加物が少ない石鹸シャンプーは頭皮にもやさしく洗浄力も強めです。皮脂もしっかりと洗い流してくれます。

 

石鹼シャンプーはわたしも長年使用していますが洗い上がりがゴワつくのが難点です。なぜゴワつくのかというと、石鹸の成分と水道水のカルシウムイオンと結合してし石鹸カスになります。その石鹸カスが髪の毛に吸着しゴワつきを起こしてしまっているのです。わたしの場合は、石鹼シャンプーで髪の毛を洗った後はクエン酸リンスを使用しています。※クエン酸リンスの作り方はこちら

 

クエン酸リンスを使用するとアルカリで開いてしまったキューティクルも閉じて髪の毛に吸着した石鹼カスも脂肪酸に変えてくれます。ゴワつきもなくなり手触りもサラサラになります。

※参考元:髪がみるみる蘇る習慣 著者:高橋栄里 宝島社

 

シャンプーは頭皮ケアの基本です。わたしの知り合いの方で、シャンプーを変えて髪の毛が細くなったという方がいます。逆に、シャンプーを変えて髪の毛にコシやハリが出てきたという方もいます。自分に合ったシャンプー選びはとても重要です。

 

頭皮ケアをはじめるなら、まずはシャンプー剤の見直しをしてみることをおすすめします。

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい