体調の変化と薄毛との関係について

この記事の所要時間: 132

 

体と薄毛の関係についてお話しします。

先日友人がカットしに来店しました。以前、髪の毛が薄くなってきたことで相談を受けた友人なのですが髪の毛を見てみると薄かった髪の毛が太くなっていたのです。本人も「だいぶ髪の毛が太くなってきたと思わない?」と自覚しているほどです。

 

友人が行っている頭皮ケアは育毛剤は使用しておらず、わたしのお店で購入したシャンプーを使ってわたしが教えたやり方でシャンプーを行っているくらいだそうです。※新生毛を引き抜かないシャンプーのやり方はこちら

 

体調不良による薄毛

数か月前に友人が来店したときに「テルちゃん、この前の健康診断で引っかかってしまって再検査しないといけない」と言っていたので、再検査はどうだったか聞いてみると腸に異常が見られたと言っていました。

 

幸いガンやポリープなどはなく良かったのですが、出血が見られたそうです。今は出血を止める薬を飲みながら様子を見ているようです。

 

このとき友人は、「髪の毛が薄くなったのは腸が悪くなっていたからかもしれないね」と言っていました。これはわたしもありえるのではないかと思っています。

 

なぜなら、人間の体は異常があらわれると生命維持に関係のないところから切り捨てられるからです。生命維持に必要なところから血液や栄養素が供給され重要度の低い髪の毛は届きにくくなるといわれています。

 

今では友人も、ひと目でわかるほど髪の毛が濃くなってきて体の方も回復に向かっています。体調も良くなり髪の毛も元に戻りつつあるのでわたし自身もホッとしています。

 

しかし、体調の変化でこれほど髪の毛が薄くなったのにはびっくりしました。

 

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい