IGF-1育毛理論は信用できるのか?

この記事の所要時間: 253

igf1

 

IGF-1育毛理論についてご紹介したいと思います。

わたしも岡嶋研二博士の著書である「髪がみるみる生える、ふえる、きれいになる25の習慣」を読んでIGF-1育毛理論に期待を寄せたものでした。

 

岡嶋研二博士プロフィール

血液学から偶然カプサイシンの育毛効果を発見し、カプサイシンとイソフラボンによるIGF-1育毛理論を完成。育毛に関する著書を数多く出版。

1978年 熊本大学医学部卒業

1982年 熊本大学大学院医学研究科(生化学専攻)修了

1988年 熊本大学医学部助手(臨床検査学講座)

1991年 日本学術振興会特定国派遣研究員としてオーストリア共和国ウィーン大学医学部医科生理学研究所へ留学

1992年 熊本大学医学部講師

1996年 熊本大学医学部助教授

2005年 名古屋市立大学医学研究科教授

2012年 名古屋Kクリニック院長

研究内容:ストレス学・血液凝固線溶学・臨床検査学

 

IGF-1育毛理論とは

IGF-1育毛理論とは、岡嶋研二博士が提唱している理論です。

知覚神経を刺激すれば、IGF-1(インスリン様成長因子-1)が増加するというものです。

 

IGF-1が増えると育毛が促進されると言われていますが、これは以前から言われていることです。

 

岡嶋研二博士が提唱している理論は、トウガラシなどで知覚神経を刺激すると、その末端からカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質が放出されこの物質が毛根を含む全身の細胞でIGF-1を増やすという考え方です。

 

この理論では、トウガラシと大豆を同時に食べると最も効率よく体内でIGF-1を増やすことができると考えられています。

 

論文捏造問題

しかし、2012年に論文捏造問題が出たのです。

 

責任著者となっている1997〜2011の論文19報において捏造などの不正があったようなのです。

 

当時所属していた名古屋市立大を停職6ヶ月の処分を受けたようです。その後、再任用の申請が出ず名古屋市立大を退職となったようです。

 

わたしはこの捏造問題を知ったとき、かなりショックをうけました。

 

カプサイシンとイソフラボンを摂れば、知覚神経を刺激してIGF-1を増やせるという理論自体信じていいものかわからなくなったからです。

 

今だにIGF-1育毛理論を提唱しているので理論自体は間違っていないのか?

岡嶋研二博士が院長をしている名古屋Kクリニックでも、IGF-1育毛理論に基づいているようです。しかも、カプサイシンとイソフラボンをサプリにした「ダブルインパクト」やIGF-1育毛理論に基づいた育毛キット「QEPPER(ケッパー)」なども販売しています。

 

わたしは、論文に捏造はあったものの「IGF-1育毛理論自体には間違いないのでは?」とも思えてなりません。わたしの場合、カプサイシンとイソフラボンを摂るために豆腐と一味唐辛子をなるべく食べるようにしています。効果があるのかはわかりませんが、薬ではないのでリスクなく試せるからです。

 

カプサイシンやイソフラボンは、一味唐辛子や大豆などで手軽に摂れるので、興味のある方は試してみるのも良いかもしれません。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい