薄毛や抜け毛でお悩みの方は脂物の摂りすぎに要注意

この記事の所要時間: 149

doubutuseisisitu

 

「薄毛を改善したい」、「抜け毛が多くて悩んでいる」という方は、食生活も見直してみることも大切です。

わたしも以前は、焼き肉やポテトチップス、こってりとしたラーメンが大好きで、よく食べていました。こういったおいしい食べ物にかぎって動物性の脂質が含まれています。

 

脂物の摂りすぎは皮脂をたくさん分泌する

doubutuseisisitu2

 

ではなぜ、脂物の摂りすぎはいけないのでしょうか?

 

それは、「脂物の摂りすぎと皮脂がたくさん分泌されるので、それが頭皮に徐々に蓄積され薄毛や抜け毛の原因につながる。」と考えられているのです。

 

脂物の摂りすぎは、血中のコレステロールが増えてしまうのでサラサラであるべき血液がドロドロになってしまいます。頭皮に栄養を運んでいるのは血液ですので、血液がドロドロだと頭皮に栄養がいきわたらなくなってしまいます。

 

とくに、皮脂の分泌が活発になる動物性の脂質(焼肉、ステーキ、から揚げ、ハンバーグ、チーズ、バターなど)の摂りすぎには注意が必要です。

 

たんぱく質を摂るには

daizu

 

しかし、肉類などはたんぱく質ですので、まったく摂らないというわけにはいきません。髪の毛のためにも、たんぱく質は積極的に摂りたいので、大豆、鶏肉、魚などの脂質が少ないもので補うのがよいと思います。

 

その他にも、緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリー、パプリカ、モロヘイヤ、パセリなど)に含まれるビタミンB2は細胞の活性を助けてくれます。また、青魚に含まれる(イワシ、サバ、カツオ、マグロなど)も亜鉛の働きを助けてくれるので、これらの栄養素も合わせて摂りたいものです。

 

決して、脂物や動物性の脂質を摂ったらいけないというわけではなく、摂りすぎがよくないということです。

 

これから、食事をするときに脂物を少しでも控えてみるとよいと思います。

 

【育毛剤レビュー記事】

>>チャップアップの実際に使ってみた感想と使用した方の口コミ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい