髪の毛は年齢とともに細くなっていく

この記事の所要時間: 237

hosoge

 

髪の毛は、年齢とともに細くなっていきます。わたしのお客様でも、「昔は髪の毛が太かったけど、歳を取って細くなった。」という声を良く効きます。

では、髪の毛は何歳をピークに細くなっていくのでしょうか?

 

髪の毛の太さのピークは何歳くらいか?

日本人の髪の毛の平均的な太さは、60~90μm(0.06~0.09mm)といわれています。

 

髪の毛は、生まれてから年齢とともに太くなり、ピークを境に次第に細くなっていくようです。

 

男性では20~22歳、女性では30歳前後がピークと言われています。います。もちろん、個人差がありますので人によって細くなるスピードは違ってきます。しかし、急激に細くなっていく場合は、注意が必要です。

 

薄毛になるのは髪の毛が産毛化してしまうから

ubuge

 

人間の髪の毛は平均して約10万本あるといわれています。薄毛になるのは、その髪の毛10万本が減っていくわけではありません。細くなっていき次第に産毛になってしまうのです。

 

実際にわたしたちは、頭頂部がハゲたお客様のシャンプーをすることがあります。見た目はツルツルなのにシャンプーの泡で毛流(毛の流れ)ができます。これは、見た目はわからないのですが産毛があるという証拠です。

 

髪の毛の強度を調べるセルフチェック法

髪の毛が細くなり強度もなくなってしまうと、髪の毛自体が弱っていることになります。

 

しかし、人間の髪の毛は、細くてもある程度強度があるようです。髪の毛の太さの約2倍の標準強度があるといわれています。標準的な太さの60~90μmの場合は120~180gの引っ張りに耐えられる強度があることになります。

 

こちらでは、自分で髪の毛の強度を調べる簡単なセルフチェック法をご紹介します。

 

チェック1 指で髪の毛の両端をつまみ引っ張ってみましょう。簡単に切れる場合は要注意!髪の毛が弱っている証拠です。

 

チェック2 マグカップ(270~280g)取っ手に髪の毛1本を通して、吊るしてみましょう。実質1本の髪の毛で270~280gを吊るしていますので切れなければ髪の毛の太さ、強さともに合格です。

※引用元:やってはいけない頭髪ケア

 

 

細くなった髪の毛を太くすること

sinseimou

 

髪の毛が急激に細くなってしまうと、髪の毛の密度がなくなり地肌が見え髪の毛が薄く見えてしまいます。

 

育毛のポイントは、「いかにして、細くなった毛を太くしていくか」だと思っています。髪の毛に太さが出てくると密度も出て地肌が目立たなくなるということです。

 

髪の毛を太くするには、育毛剤の使用だけではなく、食生活や生活習慣の改善も重要になります。

 

※こちらは、実際にわたしが使用した育毛剤チャップアップのレビュー記事です。⇐これを使用してから頭皮のテカリもおさまりました。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい