卵かけご飯を食べ過ぎると薄毛になる?

この記事の所要時間: 141

image

今日何げにテレビを見てたら気になる番組がありました。

 

ホントは怖いニュースという番組で、その中で「卵かけご飯を食べ過ぎると薄毛になるのか?」というコーナーがありました。

 

卵かけご飯大好きな私にとっては、いてもたってもいられない話しです。

 

卵かけご飯が好きな方は多いのではないでしょうか?温かいごはんの上に新鮮な卵を落として、お気に入りの醤油をたらして食べると最高ですよね!

 

その卵かけご飯を食べ過ぎると薄毛になるのではないか?ということなのです。

 

番組では、AGAクリニックの院長に「卵かけご飯を食べ過ぎたら薄毛になるのか?」とたずねてみると、なんと院長の答えは「生卵を摂りすぎると薄毛になる可能性がある」というものでした。

 

卵にはアビジンという物質があり、腸内でビオチンと結合するそうです。アビジンはビオチンと結合して排出するため、毎日卵かけご飯を食べ過ぎるとビオチン不足になるため薄毛になる可能性があるということでした。

 

ビオチンは髪の毛や爪、皮膚などを作る上で重要な栄養成分です。

 

そのビオチンが不足すると薄毛になる可能性があるということです。

 

このように聞くと「卵を食べたら良くないのではないか?」と思ってしまいますが、あくまでも生卵の摂りすぎが良くないということです。

 

また、アビジンは加熱するといいらしいので、卵を食べる場合は加熱すると良いでしょう。

 

ビオチンの摂取は薄毛の予防や治療を助ける役目があります。ビオチンのサプリメントもありますので積極的に撮りたい成分ですね。

 

私は卵かけご飯が大好物だったので、この番組を見て複雑な気持ちになりました(汗)

 

あくまでも食べ過ぎが良くないということなので薄毛が気になるなら程々にしましょう。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい