無添加石鹸でも頭皮に合わないことがある?

この記事の所要時間: 356

sekken

 

以前、無添加石鹸を使用した後にクエン酸リンスをしなかったらフケが出てきたことについてお話ししました。

今回も2日間クエン酸リンスをしなかったらフケが出てきたので、このことについてお話ししたいと思います。

 

フケの原因

フケが出る原因として

● 乾燥してフケが出る

● すすぎが足りない

● 皮脂の取り過ぎ

● 頭皮に合わない成分が含まれている

● 洗浄力が強すぎる

などが考えられます。

 

わたしの場合は、無添加のシャボン玉石鹸を使用しています。

 

無添加石鹸の場合は弱アルカリ性なので、無添加石鹸でシャンプーすると頭皮がアルカリに傾いてしまいます。そこで、本来の弱酸性に戻すためにリンスを使用するわけです。

 

頭皮がアルカリに傾いたままだと、フケの原因になるとも言われています。

 

確かに、わたしもリンスをしなかったときにフケが出てきていました。

 

リンスはしなければならないのか?

わたしはシャボン玉石鹸をすすめられたときに「リンスはしない方がいい」と、お聞きました。リンスは毛穴に詰まりやすいという理由からです。

 

この理由は、理容師見習いのときから先輩達に聞いたこともありました。それから、わたしはリンスを使用することがなくなったのです。

 

しかし、シャボン玉石鹸に限っては使用した後にリンスをしなければフケが出ることが多いため、クエン酸リンスをするようにしていました。

 

ですが、ここでわたしは疑問に思ったのです。

 

リンスをしなかったからフケが出るのではなくて、フケが出てくること自体が頭皮に何らかの異常をきたしてるのではないかと。

 

弱アルカリ性の石鹸シャンプーで洗ってリンスをしなくても自然と弱酸性に戻る

弱アルカリ性の石鹸シャンプーで頭を洗うと、髪の毛や頭皮が弱アルカリ性に傾いてしまいます。

 

しかし、リンスをしなくても自然と弱酸性に戻ってしまうのです。

 

なかには、この回復力を養うために弱アルカリ性に石鹸シャンプーを使用してリンスはしない方がよいとい考えている方もいるようです。

 

nubiansheabuttersoap

※http://jp.m.iherb.com/Nubian-Heritage-Raw-Shea-Butter-Soap-With-Soy-Milk-Frankincense-Myrrh-5-oz-141-g/12780

 

わたしは一時期シャボン玉石鹸の使用をやめ、ヌビアンのシアバターソープを1年ほど使用していた時期がありました。

 

この石鹸は、オーガニック原料を使用しており、ビタミンE、豆乳、シアバターなどが含まれていてアンチエイジングにも効果的な石鹸です。

 

使用感は、石鹸なのにしっとりとした洗いあがりです。シアバターが含まれているからかもしれません。

 

髪の毛の状態もシャボン玉石鹸同様、ハリやコシが出てくるのを感じました。

 

その頃は、リンスをするこはありませんでしたが、フケが出ることはなかったのです。

 

その後、毎回通販で購入するのが面倒だったため、手軽にドラッグストアなどで購入できるシャボン玉石鹸に戻り今に至ります。

 

頭皮に合わないと感じたら思い切って使用をやめるべき

長い間シャボン玉石鹸を使用してきましたが、シャボン玉石鹸は良い石鹸だと思います。

 

シャボン玉石鹸を使用してから髪の毛のハリやコシが出てきて、その効果にまわりが気づくくらいでした。

 

しかし、いくらリンスをしなかったとはいえ、フケが出てしまうということは頭皮に合わないからだと思っています。

 

ここで思い切って、長年使用していたシャボン玉石鹸の使用をやめてみようと思ってます。

 

無添加だからといっても必ずしも頭皮に合うとは限らない

シャボン玉石鹸を使用して、わたし以外でも少数ですが、フケやカユミが出てたという方がいらっしゃいます。

 

いくら無添加だからといえ、フケやカユミは絶対にないとはいえないのです。

 

やはり、無添加でも「肌に合う合わないがある」と思っています。

 

わたしは以前から興味があった「アレッポの石鹸」か「サロンドマルセイユ」を使用してみようと思っています。

 

今後使用してみて、感想をお届けしたいと思っています。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい