医薬品と医薬部外品の育毛剤の違い

この記事の所要時間: 223

ikumouzaitukaikata

 

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いについてお話したいと思います。

育毛剤には、医薬品、医薬部外品、化粧品に分類されています。

 

効果的には、1医薬品>2医薬部外品>3化粧品の順番どおりに高くなります。

 

医薬品と医薬部外品の違い

厚生労働省は効果が高いものを「医薬品」効果が緩やかなものを「医薬部外品」と分類しています。

 

化粧品

ヘアトニックなどのような化粧品は、効果・効能を謳うことはできません。

 

「フケやかゆみを止める」、「抜け毛を防止する」くらいは表現できますが、どのようなフケ、かゆみ、抜け毛に効果があるのかまでは表示できません。

 

医薬品

医薬品は有効成分の効果が認められています。「疾病の診断、治療又は予防に使用される目的とされる物」あるいは「身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされる物」と規定されているので、どのような病気にどのような効果があるのかと表示することができます。

 

しかし、副作用を起こす場合があるので用法・用量を守る必要があります。

 

医薬部外品

医薬部外品は化粧品と医薬品の中間的な製品です。

 

医薬品よりも効果は緩やかで副作用も少なく、積極的な治療というよりも予防に重点がおかれたものが多いようです。

 

使用するならどっちがいいのか?

薄毛やハゲを何としてでも治したいなら、効果が認められている成分、ミノキシジルが含まれている医薬品の「リアップ」、「プロペシア(フィナステリド)」を使用する方がいいと思います。

 

しかし、「副作用が心配」、「ミノキシジルが合わない」、「プロペシアを服用できない」という方は、正直、医薬品よりも効果は劣りますが副作用の少ない医薬部外品の育毛剤を使用するのもよいと思います。

※フィナステリドを服用するにあたって、肝機能障害のある方は重篤化する可能性があると報告されています。

>>フィナステリドの副作用についてはこちら

 

効果的には髪の毛がフサフサ生えてこないと効果を感じなかったり、抜け毛が少しでも減れば効果があったと感じ方は様々です。

 

しかし、医薬部外品の育毛剤でも少なからず効果を感じている方はいらっしゃいます。

 

わたしも副作用が心配なので医薬部外品の育毛剤を使用しています。

 

副作用が心配、医薬品は使用できないという方は医薬部外品の育毛剤を使用してみてはどうでしょうか?

 

みな様の応援が記事更新の励みになっています。よろしければ、ポチッと応援のクリックお願いします。

↓↓


育毛・発毛ランキングへ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい