健康的な頭皮の色とは?

この記事の所要時間: 250

 

usugetouhi

 

理容師見習いのとき、先輩から「テルくんは、頭皮が赤黒い(褐色)から将来ハゲる可能性があるよ!」と言われたことがあります。

 

先輩いわく、「頭皮が赤黒い(褐色)だと血液の循環が悪くなっている」らしいのです。

 

それから数年たち、わたしの頭頂部は先輩が言ったとおり薄毛になってしまいました。

 

こちらでは、頭皮の色の健康状態についてご説明します。

 

頭皮が赤や褐色の場合

頭皮の色が赤ければ炎症していることが考えられます。

 

原因は、

● ヘアカラーやパーマによる炎症

● 皮脂の過剰分泌(脂漏性皮膚炎の場合は「頭皮が赤くなる」「脂っぽいフケが多量に出る」「強いかゆみがある」などがあるようです。)

● 紫外線による日焼け

● シャンプーやヘア化粧品などによるアレルギー

 

など様々です。

 

※炎症による赤みがひどかったり痛みやかゆみが激しい場合は、皮膚科で医師の診断を受けましょう。

 

頭皮が褐色の場合、わたしが先輩に言われたような頭皮の状態の場合は、頭皮が老化しており新陳代謝も悪く、髪の毛が育ちにくい状態になっています。

 

このような状態が続くと、髪の毛が細くなり薄毛になりやすくなるようです。

 

まさに、わたしがこういう状態から薄毛になっていきました。

 

健康的な頭皮の色

健康的な頭皮の色は青白い色です。

 

小中学生の野球少年が丸坊主にして、「頭が青々としている状態」といえばわかりやすいでしょうか(笑)

 

このような状態が健康的な頭皮といえます。

 

健康的な頭皮か簡単にチェックする方法

健康的な頭皮の状態か簡単にチェックする方法があります。

 

やり方はいたって簡単です。

 

気になる頭皮の部分を親指で押し、手を離したときにどのくらいで赤みが戻るかで判断します。

 

(やり方)

まず、気になる頭皮の部分を頭皮の部分を親指で押します。そして手を離した頭皮の色の変化でチェックしてください。どのくらいで赤みが戻ったかで判断します。

 

(結果)

すぐに赤くなる方が健康的な頭皮の状態です。早い場合は1〜2秒程度で色が変わってきます。

 

押す前より押したあとの方が赤くなる場合は非常に血行が良い状態のようです。

 

また、押しても赤みをおびず白っぽい状態が長く続く場合は血行が悪い状態です。

※参考元:やってはいけない頭髪ケア

 

頭皮の血行を良くする

touhigakatai

 

頭皮の色が褐色だと、血行が悪くなっており新陳代謝も悪くなっています。

 

大切なのは頭皮の血行を良くしてあげることです。

 

お風呂上がりに育毛剤を塗布したあと、入念に頭皮マッサージをすることをおすすめします。

 

わたしの場合は、耳周りに指5本を当て、反時計回りに回し徐々に側頭部をマッサージしてそのまま頭頂部までいきます。その後、後頭部から頭頂部までマッサージして生え際から頭頂部とマッサージします。

※自分が気持ちいいと思う強さでマッサージしてください。強すぎると逆効果になるようです。

 

これを行うようになってから、血行不良による頭皮のコリからくる痛みもなくなりました。

 

血行促進は薄毛対策に重要なことですので、頭皮マッサージは毎日の習慣にするよう心がけましょう。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい