薄毛は遺伝するというのは本当?

この記事の所要時間: 249

iden

 

お客様から「薄毛やハゲは遺伝するんですよね?」とたずねられることがよくあります。

一般的に薄毛は遺伝によるものと考えている方がおおいようです。

 

はたして本当に、薄毛は遺伝によるものが大きいのでしょうか?

 

薄毛は母方からの影響が受けやすい

薄毛にはいろいろな原因・誘因が関係してきます。その中でも遺伝によるものは全体の25%程度と言われていますので必ず薄毛になるというわけではないようです。

 

しかし、男性ホルモンの影響を受けやすいのは母からの遺伝によるところが大きいと言われています。

 

母方の祖父が薄毛なら、孫も薄毛になる可能性は大きくなるようです。

 

父親やおじいさんがハゲている人は遺伝でハゲといわれていますが、最近の学説によると、男性型脱毛症の原因遺伝子は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子が関係していることがわかりました。このX染色体は男性の場合、母親からしか受け継がれないとされ、父親や父方のおじいさんがハゲている状態よりも、母方のおじいさんがハゲている方が危ないとされています。

※引用元:やってはいけない頭髪ケア

 

遺伝による薄毛とは?

薄毛は遺伝するのかというと間違いはないようですがすべての薄毛が遺伝するかというとそうではないようです。

 

なぜなら、遺伝が原因ではない薄毛もあるからです。遺伝による薄毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものがあります。

 

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5a-リダクターゼという還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変わることで作用します。このテストステロンの分泌量には個人差はないようですが5a-リダクターゼの分泌量は遺伝によって決まるといわれているようです。これがAGAは遺伝によるものと言われている原因でもあります。

 

2008年10月には男性ホルモンを介する経路とは無関係と思われるDNA塩基配列の変異が見つかり、米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版には次のように発表されました。

 

ロンドン大学など欧米六カ国の研究チームが20番染色体で発見したもので、このDNA変異と、先のアンドロゲン受容体遺伝子が両方ともある、ある特定タイプの場合、両方とも違う場合に比べて発症確立が7倍も高かったといいます。このDNA変異がどの遺伝子にどんな影響を与えるかはまだ不明ですが、突き止めることができれば発症メカニズムの解明が進み、遺伝子治療の可能性も夢ではなくなってきます。

 

このように、遺伝でハゲるという説はそれぞれ研究者の発表によっていろいろと変化して発表されています。

※引用元:やってはいけない頭髪ケア

 

遺伝でハゲるという説は研究者によってそれぞれ違うようですが、遺伝は変えられないものです。

 

薄毛の原因は遺伝だけではなく、生活習慣、食生活、健康状態、ストレスなども原因となっています。遺伝は変えられませんが、こういった習慣などは変えられます。

 

生活習慣や食生活などを見直して少しでも薄毛を改善できるようあきらめずに頑張りたいものですね。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい