ビワ葉エキスの育毛効果とは

この記事の所要時間: 210
biwahaekisu

 

植物名 ビワ

学名 Eriobotrya japonica

科名 バラ科

和名 ビワ、枇杷

 

ビワは、バラ科の常緑高木で、多くは果樹として栽培されております。高さはおよそ10メートルほどになり、原産は中国南部で日本にはかなり古くから持ち込まれたと考えられており、今では主に本州南部・中国・九州に分布しています。

 

ビワ葉の薬効

ビワの葉は民間療薬として親しまれており、アミダグリン(ビタミンB17)、クエン酸を多く含んだビワの葉は直接患部に張ったり温圧療法などに用いられています。

 

注意点としてアミダグリン(ビタミンB17)は、胃腸で分解すると猛毒の青酸を発生すると言われています。アミダグリン(ビタミンB17)を多く含んだ葉の部分を摂取する場合は健康を害したり、最悪命の危険もありますので注意が必要です。

 

わたしの店のお客様で、ビワ温灸をやっているお客様がいます。ビワの葉を使うのでビワの葉についてお聞きしてみました。

 

ビワ温灸とは、ビワの葉を使ったお灸で、自律神経失調症やストレス、更年期障害などに良いそうです。

ビワの葉には先ほど紹介したビタミンB17(アミダグリン)が含まれており、ガンの抑制にも期待できるのだそうです。

 

ただ、今はビワの葉を乾燥したものを使うのではなく、ビワの葉から抽出したエキスを使うそうです。このビワ葉エキスの価格が高いそうで700mlで1万円ほどするとおっしゃっていました。

 

700mlほどで1万円とは、かなり高価なエキスですね。(汗)

 

そのお客様からビワの葉にまつわる話を教えてもらいました。その昔、お釈迦様が病気で苦しんでる人を見て、弟子にビワの葉を取って来させて、取ってきたビワの葉二枚を患者の患部に当てたら病苦を軽減させたのだそうです。

 

古くからこういった話があるので、民間療薬として親しまれているのかもしれませんね。

 

ビワ葉エキスの育毛効果

ビワ葉エキスの育毛に期待できる効果は、抗菌・殺菌・消炎・収れんなどです。

 

育毛剤チャップアップにもビワ葉エキスが含まれており、5a-リダクターゼの働きの抑制に期待されている成分の一つとして配合されています。

 

みな様の応援が記事更新の励みになっています。よろしければ、ポチっと応援のクリックお願い致します。

↓↓


育毛・発毛ランキングへ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい