女性の髪の悩みについて

この記事の所要時間: 344

jyoseikaminonayami

 

女性の髪の悩みについてお話します。

先日、私が小さい頃から知っている近所のおばちゃんがお店に来てくれました。

 

いつもは、お孫さんの髪を切るため連れてきていたのでしたが、今回は、「自分の髪を切ってほしい」ということでお孫さんは連れてこないでご自分一人だけで来店されました。

 

今までその近所のおばちゃんは、顔そりに来たことはありましたが、カットでの来店は、はじめてのことです。

 

私のお店にはじめてカットをしにきた理由は、「今までカツラを付けているから、襟足が長くなったのでカットしてほしい」とのこと。「今まで通っていた美容室は、担当者が独立して新しくお店を開いたが、その担当者の新しいお店はまわりの目が気になるから行きにくい」ということでした。

 

そして、勇気をふりしぼって私の店に来店されたそうです。

 

何よりもびっくりしたのは、今まで私が小さい頃から知っているおばちゃんなのに「カツラだった」とわからなかったことです。

 

そのおばちゃんは、「テル君には申し訳ないけど、私がカットしている最中に、恥ずかしいからお客さんが来なければ助かるんだけど・・・」とおっしゃっていました。

 

女性にとって薄毛とは、心理的にかなり影響をあたえる問題なのだと思います。

 

女性の薄毛の原因

jyoseinousugetaisaku2

 

そのおばちゃんをカットする時、カツラを取ってみてどのような状態なのか見てみたら、全体的に薄くなっている状態でした。

 

私は医師ではないのではっきりとしたことは言えませんが、「びまん性脱毛症」なのではないかと思いました。

 

そのおばちゃんは、大手カツラメーカーに通っているため、こちらからは、薄毛についてはふれないようにしました。

 

女性の薄毛にはおもに、「女性の男性型脱毛症」「びまん性脱毛症」という脱毛症があります。

 

女性の男性型脱毛症(FAGA):女性の脱毛症ではもっとも多いのが女性の男性型脱毛症のようで、ホルモンのバランスが乱れて脱毛したり加齢により髪の毛が抜けてしまいます。男性型脱毛症を発症するメカニズムは基本的に男性も女性も同じのようです。頭頂部のみ脱毛していくのが特徴です。

びまん性脱毛症:ホルモンのバランスが乱れたり甲状腺ホルモンの異常などが関係して脱毛症を引き起こします。びまん性脱毛症脱毛症は全体的に薄くなっていくのが特徴です。

 

女性の薄毛の治療法

女性の脱毛症の治療には、フィナステリド(商品名:プロペシア)は適用外になっています。女性の薄毛治療はミノキシジルなどの外用薬が一般的になっています。

 

副作用が気になってミノキシジル以外でしたら、ホルモンのバランスを整えてくれる成分が含まれている育毛剤を選ぶと良いようです。

 

(抗男性ホルモン作用)

● チョウジ

● オウゴンエキス

など

 

(女性ホルモン調整作用)

● カンゾウエキス

● ヨモギエキス

● クララエキス

● フラボステロン

● オトギリソウエキス

など

※引用元スキンケア大学

 

女性の育毛剤選びには、上記のような成分を含んでいる育毛剤を選ぶと良いようです。

 

私の母も薄毛で悩んでいて、今では育毛剤を使用して薄毛対策をしています。私の母も近所のおばちゃんも60歳半ばです。

 

特に、私の母は更年期が酷くて大変でした。近所のおばちゃんも年齢的に更年期を向かえているので、ホルモンのバランスが乱れて脱毛しているということも考えられます。

 

私の母は2年くらい前から男女兼用育毛剤「夢美髪」を使用しており、母曰く「だいぶ髪の毛にボリュームが出てきた!」と喜んでいます。上記で書いた抗男性ホルモン作用に期待できるオウゴンエキスも含まれており価格もお手頃なのでおすすめの育毛剤です。

 

女性の薄毛治療は外用薬が中心になってくるため、ミノキシジルをはじめご自分にあった育毛剤を選ぶことをおすすめします。

 

みな様の応援が記事更新の励みになっています。よろしければ、ポチっと応援のクリックお願い致します。

↓↓


育毛・発毛ランキングへ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい