男性型脱毛症に有効なフィナステリド(商品名プロペシア)

この記事の所要時間: 218

image

 

フィナステリド(商品名プロペシア)とは

 

男性型脱毛症に有効な飲む発毛薬「フィナステリド」についてご説明します。

 

フィナステリドは厚生労働省の許可を得て、2005年12月にプロペシアという商品名で発売が開始されました。 飲む発毛薬として、とても話題になったのでご存知の方も多いかと思います。

 

フィナステリド(プロペシア)の作用

 

この薬を飲むことによって、テストステロンが細胞内に入ってきたところでII型の5a-リダクターゼの作用を妨げジヒドロテストロン(DHT)の変化を抑えます。これにより脱毛をくい止めるということです。※男性型脱毛症(AGA)についてはこちら

 

このフィナステリドの効果がもっとも表れるのは飲み始めてから6カ月から1年程と言われています。

 

年齢も若い方ほど効果が出やすく高齢になるほど効果が薄まるみたいなので気になる方は早めに飲み始めた方がいいそうです。

 

フィナステリド(プロペシア)の注意点

 

薄毛の進行度合いも、かなり進行した症状の場合はフィナステリドの効果も期待出来ないようです。

 

そう意味では、年齢的にも薄毛の進行度合いもひどくないうちに早めに飲む方がいい飲み薬ですね。

 

ただし、フィナステリド(商品名プロペシア)は保険適応外となっていますので診察、薬代も全額負担となります。

 

私が勤めてた理容店のお客様も何人かプロペシアを使用してた方がいましたが、費用がかかるので使用するのをやめたという方がいらっしゃいました。その方の奥様からは「毛が増えてきている!」と効果は表れているのにです。

 

しかもプロペシアは使用をやめるとまた薄毛が進行してしまいます。

 

プロペシアを使用するならずっと使用し続けなければいけません。

 

プロペシアの使用をやめるならば「もうハゲてもいい」という覚悟でやめなければいけませんね。

 

そう意味でも私はプロペシアの使用することは考えなかったのです。

 

フィナステリド(商品名プロペシア)は効果も表れやすく男性型脱毛症で悩んでいる方には期待の高い飲み薬です。

 

これからフィナステリド(プロペシア)が保険適応になれることを期待したいものです。

 

※プロペシアを服用するには、注意点があります、もともと肝機能障害をもっている方は服用には十分気をつけること、フィナステリド服用中は献血ができません。一カ月間やめてから献血するようにしてください。

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい