ウォーキングなどの有酸素運動は薄毛対策になる?

この記事の所要時間: 215

walking

 

常連のお客様で、毎日歩くことが習慣になっている方がいます。

いつも私の店の前をウォーキングしているので、来店された時にいつから歩いているのかお尋ねしてみました。

 

そのお客様は約20年前に事故で骨折して、リハビリのためにウォーキングするようになり、それが自然と習慣になってきたようです。

 

そのお客様は雨の日もカッパを着て歩いています。よく近所の方からも、「雨が降っているのによく歩くね~!」と言われるそうです。

 

毎日どれくらい歩くのか尋ねてみたら、毎日約7㎞歩いているそうなのです!今では歩けないときがあると、逆に調子が悪くなるらしいです。

 

20年間毎日欠かさず7㎞ウォーキングするというのは、本当にすごいことですよね!

 

ウォーキングなどの有酸素運動は薄毛や抜け毛対策に効果的なのか?

walking1

 

その毎日ウォーキングしているお客様をカットしている時に思ったことがありました。

 

それは、「年齢のわりに若々しく見える!」ということです。

 

そのお客様の年齢は66歳です。若々しく見えて、髪の毛は白髪まじりですがフサフサです。

 

そこで、私はウォーキングなどの有酸素運動は健康にはもちろん、薄毛や抜け毛対策にもなるのでは?と思ったのです。

 

有酸素運動は薄毛や抜け毛対策になる

 

運動をすると、成長ホルモンが増えこれによって組織のIGF-1が増えるようです。無酸素運動で分泌される乳酸はIGF-1を増やし筋肉の疲労を回復させる重要な役割を持っています。

※IGF-1について詳しくはこちらをご覧ください。

 

効率よくIGF-1を増やすには肥満の方は、はじめに有酸素運動で脂肪を燃焼して肥満を解消させ、それから無酸素運動を取り入れて乳酸を増やすというやり方が効率的なようです。肥満ではない方は無酸素運動を取り入れた運動を行って、乳酸を上げIGF-1を増やすことが効率的なようです。

 

肥満の方はまずは有酸素運動を行い、脂肪を燃焼させた方が良いようです。運動をすることによって生活習慣病も予防でき薄毛や抜け毛対策にもなりますので、ぜひ取り入れたい習慣ですね。

 

私もそのお客様を見習い、健康的な体とフサフサナ髪の毛を手に入れなければと思っています。

 

 

みな様の応援が記事更新の励みになっています。よろしければ、ポチっと応援のクリックお願い致します。

↓↓


育毛・発毛ランキングへ

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい