薄毛になった頭皮は、なぜテカるのか?

この記事の所要時間: 312

image

 

なぜ、薄毛になったりハゲてしまった頭皮はテカるのか、気になったりしたことはありませんか?

 

私は、自分の頭皮のテカりが気になりはじめたのは5、6年くらい前の時からです。

 

ある日、お客様のシャンプーをしているときでした。シャンプーをしながら前にある鏡を見たとき、鏡に映った自分の姿を見て頭がテカテカと光っているのに気づきました。 まさか、そんな状態が自分の頭で起こるとは思ってもいなかったのでかなりショックを受けたのを覚えています。

 

それと同時に、前頭部の髪の毛も心なしか薄くなってるような気がしました。それから、薄毛と頭皮のテカリの原因について調べ対策を行うようにしました。

 

なぜ、頭皮がテカるのかといいますと、一つは皮脂の過剰分泌によって頭皮が脂っぽくなっているからです。 もう一つは血行不良により頭皮が硬くなっていることも考えられます。

 

皮脂過剰の原因

 

皮脂過剰の原因は脂っぽい物の取りすぎや刺激のある物の取りすぎが考えられます。

 

また、糖やアルコールの取りすぎも考えられます。

 

食生活の乱れや自律神経が不安定になったりストレスや夜ふかし、生活習慣の乱れも原因になります。

 

頭皮が硬くなる原因

頭皮が硬くなる原因は血行が悪くなっている証拠です。日常的な生活習慣の中で肩や首筋が凝ったり血行が悪くなります。そうなると頭皮の血行も悪くなり頭皮が硬くなってきます。肩凝りと同じで頭皮も凝るということです。頭皮が凝っている場合、軽く指圧するとジーンと痛みがくることがあります。

 

血行が悪くなった頭皮は、赤黒く(褐色)になっていることが多いです。適度な運動、頭皮マッサージなどで体や頭皮をほぐし血行を良くすることが大切です。

 

男性型脱毛症(AGA)によって頭皮がテカっている

男性ホルモンの一種であるテストステロンは5a-リダクターゼ還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変わって薄毛を促進させるといわれています。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が多いと、「体毛が濃くなる・ニキビができやすくなる・皮脂の分泌量が増える」などの作用があります。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が多くなると、薄毛を進行させ皮脂の分泌量が増えるため頭皮がテカる原因になります。

 

つまり、皮脂が多くなってくるとハゲやすいのではなく、男性型脱毛症(AGA)を発症したから皮脂が多くなり頭がテカっているということも考えられます。

 

 

まとめ

頭皮がテカっている状態は体の血行が悪くなっています。食事も脂っぽい物や糖分の多い物、添加物の多く入っている物はひかえると良いです。

 

食事や睡眠時間も規則正しい時間に取り、規則正しい生活を送ることが改善につながります。

 

また、男性型脱毛症(AGA)の疑いがある場合は、薄毛を進行させないためにも早めの対策が必要です。

 

※現在、わたしの頭皮のテカリがおさまってきました。こちらの記事では頭皮のテカリがおさまった原因について検証しています。頭皮のテカリでお悩みの方へ少しでも参考になればと思っていますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

※わたしはこれで頭皮のテカリが治まりました。実際に使ってみた感想をご覧になってみてください。チャップアップを実際に使ってみた感想と使用した方の口コミはこちらです。

↓↓

テル

テル

はじめまして「テル」です。 私自身薄毛で悩み、薄毛について勉強してきたことが少しでもお役に立てればと思いっています。

あわせて読みたい